トップページ > 矯正歯科コラム

部分矯正のよいところとは?

前歯の歯並びだけを治したいけど、全体的に矯正するほどでもない・・・。このように、気になる前歯だけを治したい場合は、部分矯正による矯正治療が適しています。では部分矯正は、全体矯正と比べてどのようなところが良いのかについてお話いたします。

部分矯正のよいところ

部分矯正の最もよいところは、何といっても治療期間の短さと、費用の安さでしょう。矯正治療は治療期間は長く、費用も決して安いものではありません。しかし気になる部分だけを短期間でキレイに治すことができる部分矯正は、全体矯正にはない大きなメリットでしょう。

 

部分矯正に適した症例とは

・前歯だけを治したい場合

前歯が少しだけハの字に開いている、ちょっとしたすき間が気になるなど、前歯に関する悩みをお持ちの方は非常に多いと思います。歯並びを治す場合、矯正治療が最も有効手段となりますが、歯並び全体を治すのは費用も時間もちょっと・・・と躊躇することも十分考えられます。軽度の症例で抜歯の必要がない、また骨格に大きな問題がなければ、部分矯正で対応することが可能と考えられます。

・以前矯正治療をした歯をもういちどキレイにしたい

昔矯正治療をしたけれど、ある程度きれいになったところで通院を止めてしまった・・・このような経験をお持ちの方も中にはいらっしゃると思います。

矯正治療で歯並びをキレイにした後に大切なことは。後戻りを防ぐための保定です。ところが保定は面倒だから、歯がきれいに並んだからといった理由で保定をせずに矯正治療を終えた方の中には、後戻りが起こってしまったケースもあります。このようなケースで歯並びが後戻りしてしまった場合、部分矯正が有効になることがあります。

部分矯正が不可能なケースとは?

前歯だけを治したいと思って受診したものの、部分矯正ではなく全体矯正を勧められたというケースもよく聞きます。前歯だけを治したいのになぜ全体矯正を勧められたのか、それは噛み合わせの問題が考えられます。ご自身では噛み合わせに問題がないと思っていても、精密検査によって噛み合わせが大きくズレてしまっていると判明した場合、部分矯正での治療が難しいことがあります。

また骨格によるものや奥歯を動かさなければいけないケースでも、部分矯正では対応が難しく、全体矯正による治療が必要になると言われることがあります。

 

部分矯正が適応になるかどうかはよく相談して

気になる前歯を短期間でキレイに治すことができる部分矯正ですが、症例によっては部分矯正ができないこともあります。部分矯正で対応できるかどうか、まずはカウンセリングでじっくりと話し合うことが大切です。

 

当院の部分矯正についてはこちら

矯正装置は清潔にしておきましょう

矯正装置にはワイヤー矯正やインプラント矯正など固定式のものと、マウスピース矯正や床矯正といった取り外し式のものがあります。矯正をしている方はしていない方と比べると、装置に細菌が付きやすいためお口の中の環境維持が難しい傾向があります。矯正中のお口の健康を維持するためには、装置を清潔にしておくことがとても大切になります。今回は、矯正中のお口の中の環境を中心にお話をいたします。

 

お口の中は細菌だらけ!

どんなに健康な方で、今までむし歯や歯肉炎になったことがない方でも、お口の中に細菌は数多く存在しています。細菌の中でも、お口の中に際立った影響を与えることがほとんどない常在菌と、むし歯や歯周病のように重篤な影響を与えるものがあります。またカンジダ菌など、カビが存在していることもあり、どんなにお口の中の状態に気を付けても、口腔内の細菌をゼロにすることは残念ながらできません。

特に唾液の少ない方、寝起きの状態はお口の中の細菌が増殖しています。このように、お口の中は常に細菌が存在しており、お口のコンディションによっては細菌だらけという方も決して少なくはありません。

 

装置は常に汚れていると思うべき

矯正装置は固定式でも脱着式でも、常に汚れとの戦いと言ってもいいでしょう。矯正治療をしていない方に比べ、どうしても汚れや細菌が付着しやすいため、矯正治療中は歯磨きはもちろん、常に装置をキレイに保つ必要があります。面倒だからといって装置のケアを怠ると汚れが溜まり、そこに細菌が付着して臭いの原因となります。ワイヤー矯正の方はブラケット周囲に汚れが入り込みやすく、床矯正やマウスピース矯正の方は、装置全体に汚れが付きやすくなります。

 

装置の汚れが、矯正中の歯のトラブルの原因になることも

矯正治療中はむし歯や歯肉炎などのリスクが高くなることは、よくご存じと思います。矯正中に歯や歯ぐきにトラブルが起きると、矯正治療の進み具合に影響が出るだけでなく、将来的な歯の寿命にも関わってしまいます。

意外に思われるかもしれませんが、マウスピース矯正は虫歯になりやすいのです。と言うのも、マウスピースで歯を覆うため、唾液の循環が悪くなるからです。唾液は細菌を洗い流す作用がありますが、マウスピースが歯を覆ってしまうと、唾液が歯に流れなくなります。もし歯磨きが不十分な状態のまま虫歯菌が閉じ込められてしまうと、そこからむし歯が発生する可能性があります。歯磨きがしやすいメリットがある反面、このようなリスクがあること知っておくべきでしょう。

 

装置はこまめに手入れしましょう

ワイヤー矯正の場合、歯磨きのたびにブラケット周囲を洗うようにしましょう。ブラケット周囲の細かな汚れを落とすには、ワンタフトブラシが便利です。ワンタフトブラシを一本用意しておき、食後の歯磨きの時にさっと汚れを落とすと良いでしょう。

マウスピース矯正や床矯正のような脱着式の装置は、外した際に流水でキレイに洗い流しておきましょう。そして日に一度は専用の洗浄剤を使っておくことで、細かな雑菌を降り除くことができます。

矯正中はお口の中だけでなく、装置にも気を付けておきましょう。

 

当院の部分矯正についてはこちら

笑うとすき間が目立ってしまう・・・!矯正で治せる?

口元のお悩みは、ガタガタの歯並びや出っ歯だけではありません。歯並びは悪くないのに、歯と歯の間にすき間がある、いわゆる「すきっ歯」と呼ばれている歯並びのお悩みを聞くことがあります。特に前歯にすき間があると、笑ったときにとても目立ち、恥ずかしく、つい手やマスクで口元を隠してしまうのではないでしょうか。ではこのすき間は、矯正治療で改善することは可能なのでしょうか。

空隙歯列(すきっ歯)、正中離開とは

歯と歯の間にすき間があるすきっ歯は、専門的には「空隙歯列(くうげきしれつ)」と言います。また前歯の中心にすき間がある状態を「正中離開(せいちゅうりかい)」と呼んでおり、よく口元のコンプレックスとして挙げられます。特に正中離開は真っ正面から見るととても目立ってしまう歯並びです。

空隙歯列、正中離開ともに見た目の問題だけでなく、歯と歯の間から空気が漏れて発音がやや不明瞭になる、食べ物が挟まりやすいといった日常生活への不便さの他、口腔内の乾燥による細菌の増殖のため、むし歯や歯周病リスクが高まるといった、お口の健康維持にも影響が懸念される不正咬合のひとつです。

空隙歯列や正中離開になる原因には、歯が小さい、歯の本数が足らない、前歯の付け根から唇に伸びる「上唇小帯」というスジの発達異常などが考えられます。

すきっ歯の治療法について

歯と歯のすき間をなくし、キレイな口元になると笑顔に自信が戻り、生き生きとした日常を取り戻すことができるでしょう。またむし歯や歯周病リスクが低減するなど、コンプレックスの改善だけでなく、歯や歯ぐきの健康維持もしやすくなります。

歯と歯のすき間を埋める治療法として考えられるのは、以下の3つの方法です。

・セラミック治療

・ダイレクトボンディング

・歯列矯正

セラミック治療は歯を削る必要があり、抵抗を感じる方もいるかもしれません。ダイレクトボンディングは、すき間が狭い正中離開などには向いていますが、歯全体にすき間が多い空隙歯列にはあまり向かないでしょう。また噛み合わせの問題もあります。

歯列矯正による改善は、すき間を埋めるだけでなく、お口全体の噛み合わせも整えることができます。空隙歯列の方には特に向いている治療法と言えるでしょう。

範囲が狭く、少しのすき間なら部分矯正による改善も可能です。部分矯正で対応できるかどうかは、歯科医師にまず相談してみましょう。

なお乳歯の歯のすき間は大きな問題にはなりません。むしろ永久歯列を整えるために必要とも言えます。ただし上唇小帯にある場合、永久歯に生え変わったときにすき間ができる可能性があります。

 

歯のすき間にお悩みの方、いちど歯科医師に相談してみて下さい。

 

当院のすきっ歯の治療についてはこちら

舌や唇などによる悪癖は、歯並びを乱してしまいます

歯並びが悪くなる原因には、遺伝、顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪いといった骨格性のもの以外に、下や唇による無意識の癖によるものがあります。では舌や唇による悪癖は、歯並びにどのような影響を与えるのでしょうか。

日常の癖が歯並びに与える影響について

歯並びや噛み合わせの悪さは、主に小児時期から見られるようになりますが、成人後にも歯並びや噛み合わせの変化は起こるものです。歯並びの悪さを引き起こす悪癖の代表といえば、幼児時代の長い指しゃぶりがすぐに思い浮かぶでしょうが、大人になっても指しゃぶりをする人はまずいません。しかし幼少時代からの癖は止めようという強い意志がないと、無意識に引き継がれるものです。

例えば口呼吸です。口呼吸は小さいお子さんによく見られる習性ですが、成人とともにだんだん改善される傾向があります。しかし大人になっても口呼吸の習慣が改善されず、気が付けば口が開いてしまっている方もいらっしゃいます。これは出っ歯などの歯並びが原因しているものの他に、鼻の疾患によりどうしても口で呼吸をせざるを得ないケースなどが考えられます。

また舌の位置が低いことも、歯並びの悪さに繋がります。舌の位置が低いと上顎の骨が広がらず、歯列の乱れを引き起こしてしまいます。なお口呼吸は常に下の位置が下がっている状態となり、歯並びの乱れや噛み合わせの異常のほか、むし歯や歯周病の原因にもなります。幼いころから舌を前方に突き出す癖がある方も、成人後も無意識に行っていることもあり、噛み合わせを乱してしまいます。

その他の日常的な癖が引き起こす歯列や噛み合わせの乱れとして、頬杖や枕の上に顎を載せたまま読書を行う、いつも同じ側を下にして寝る、なども挙げられます。このように、日常の何気ない習慣が、実は歯並びの乱れや噛み合わせの異常を引き起こしてしまうことがあります。そしてそれは必ずしも幼児時代だけではなく、大人になっても引き起こされることがあるのです。

歯列矯正に加え、舌や唇を鍛えるトレーニングや悪癖の習慣を取り除く努力を

舌や唇の周りの筋肉は、歯列に大きく関わります。全体矯正や部分矯正による歯列矯正と併せて、舌や唇の周囲の筋肉を鍛えるトレーニングを行うことも、改善に繋がります。

また口呼吸は歯並びだけでなく、むし歯や歯周病の原因にもなるため、意識して治す必要があります。出っ歯で口が閉じにくい場合は歯列矯正を行いながら、普段から意識して鼻呼吸をするように心がけて下さい。もし鼻の疾患や扁桃肥大が原因の場合、耳鼻咽喉科で治療を受ける必要があります。

このように大人になっても日常の悪癖により歯列が乱れてしまうことがあります。原因を突き止め、歯列矯正とともに症状に応じた治療を行いながら健康的な口元へ改善していきましょう。症状が軽い場合、部分矯正で改善可能なケースもあります。まずはかかりつけ医に相談してみましょう。

 

当院の部分矯正についてはこちら

前歯に多く見られる歯並びのトラブルとは?

前歯は最も目立つ部位であり、歯並びや噛み合わせが悪いと見た目にとても目立ってしまいます。そのため口もとにコンプレックスを感じ、笑顔がぎこちなくなるなど自然な笑顔になれない方も多いのではないでしょうか。今回は、前歯に多く見られる歯並びのトラブルについてお話をいたします。

・叢生(ガタガタの歯並び)

歯列が乱れたデコボコの歯並びを「叢生」と言い、一般的には「乱杭歯」とも呼ばれています。顎の骨が小さく、永久歯が大きい場合、永久歯が並ぶスペース不足で歯並びが乱れてしまいます。八重歯も叢生の一環です。ガタガタの歯並びは見た目のコンプレックスだけでなく、プラークや歯石が溜まりやすいことからむし歯や歯周病のリスクが高まります。

・出っ歯

歯並びや不正咬合の中でも、出っ歯に対してコンプレックスを抱く方が非常に多いと思います。出っ歯は「上顎前突」と言い、上顎全体が前方へ突出している骨格性のものと、長期間の指しゃぶりや舌で前歯を押して歯並びが乱れる歯性のものがあります。

・すきっ歯

真ん中の前歯の間にすき間があったり、歯全体にすき間がある歯並びも、見た目のコンプレックスを感じやすくなります。特に前歯のすき間や、ハの字に開いていた場合、口元へのコンプレックスが強くなります。

・受け口

下顎前突と言われる受け口は、下の前歯が上の前歯より前方へ出ていることから、下顎全体が前へ出ている不正咬合です。そのままにしておくと、見た目だけでなく様々な問題が生じてしまいます。受け口でなくても、前歯の1本または2本だけが反対咬合になっている症例を多々むうけられます。そのような症例は早期の治療をお勧めします。

 

前歯は最も審美性が問われる部位

奥歯はそれほど気にならなくても、前歯は人目がとても気になる部位です。今はマスクをして日中を過ごす時間が多いですが、マスクを取ったときに笑顔に自信を無くし、このままずっとマスク生活・・・と考えてしまうかもしれません。それほど前歯は審美性が重要視され、前歯にコンプレックスがある方も多いことでしょう。

奥歯の噛み合わせに問題がないかどうか

歯並びで大切なことは見た目だけでなく、噛み合わせが正常かどうかです。前歯の乱れだけ治せばいいや、と思うかもしれませんが、噛み合わせは非常に重要です。奥歯がきちんと噛み合っていないと咀嚼は顎の関節に影響が出てしまいます。また全身のバランスも崩れ、肩凝りや頭痛などの不定愁訴のもとになります。

噛み合わせに大きな問題がない場合、前歯のお悩みは部分矯正で解消できるケースも多くあります。全体矯正に比べて治療期間が短く済むことは、部分矯正の大きなメリットです。

しかし噛み合わせに問題がある場合、部分矯正ではなく全体矯正が必要になると考えられます。前歯のお悩みが部分矯正で解消されるか全体矯正が必要かどうかは、専門医の判断によります。前歯の歯並びでお悩みの方は、いちど専門医に相談してみましょう。

 

当院の部分矯正についてはこちら

 

矯正治療中の食事で気を付けておきたいこととは?

固定式の矯正装置の場合、普段の食事がし辛いと感じることがあると思います。またそれ以外でも、食事の最中にブラケットが取れてしまったなど、トラブルが起きやすい時期でもあります。では矯正治療中の食事はどのようなことに気を付ければよいでしょうか。

矯正治療中は装置によって食事がし辛い

取り外し式のマウスピース矯正の場合は食事がし辛いと感じることはほとんどありません。また歯に装置が固定されていないため、食材が装置に引っかかるといったこともありません。

しかし全体矯正や部分矯正をワイヤー矯正で行う場合、どうしても食事に支障が出やすくなります。また前歯で固いものを噛みちぎるような食材の場合、ブラケットが外れてしまうなどのトラブルが起きてしまうこともあります。

どんな食材がNG?

普段何気なく食べていた食材ですが、いざ矯正治療が始まると、食べにくい、トラブルが起こる可能性があるといった理由で、控えたほうが良いものは少なくありません。主なNG食材を以下に挙げてみました。

・固いおせんべい

・フランスパンやバケットサンド

・とうもろこし

・リンゴの丸かじり

・おもち

・キャラメル、ガム、ハイチュウなど粘着性の強いもの

・繊維質の多い食材

代表的な食材を挙げてみましたが、そのほとんどは前歯で噛みちぎるものであるのがおわかりいただけると思います。またもやしのひげ根やお肉の繊維など、歯と歯の間に挟まりやすく、矯正治療中の食事のし辛さを感じると思います。

 

NG食材でも工夫をすれば食べられます

では上に挙げたような食材は、矯正治療中は絶対に食べてはいけないかと言うと、実はそうではありません。例えばりんごなどは小さめ、あるいは薄めに切って奥歯で噛むようにすれば十分食べることができます。とうもろこしも、あえて丸かじりではなく、粒の状態にして召し上がっていただくなど、工夫をすることで矯正中も好きな食材を使った料理を楽しむことができます。

ただしキャラメルやハイチュウなど粘着性の強いものは、矯正期間中は避けたほうがよいでしょう。

マウスピース矯正は虫歯リスクに注意

ここでマウスピース矯正の注意点にも触れておきます。食材に関係なく食事を楽しめるマウスピース矯正ですが、虫歯リスクが意外にも高いため、注意が必要です。というのも、マウスピースを装着することで唾液の循環がシャットアウトされ、磨き残しによる汚れや糖分が長時間閉じ込められてしまうからです。もしお口の中に虫歯菌が存在していた場合、閉じ込められたマウスピースの中で虫歯菌が活動し、虫歯になってしまうことがあります。食事に問題がない分、虫歯にならないよう歯磨きはしっかりと行いましょう。

ワイヤー矯正による矯正治療中は食事に苦労することがありますが、工夫しながら食事を楽しむようにすると良いでしょう。もし食事中にブラケットが外れたなどのトラブルが起きた場合、早急に受診するようにして下さい。

 

当院の部分矯正について詳しい内容はこちら

何歳まで歯列矯正は可能でしょうか?

歯並びや噛み合わせを改善したいと思うのは、小さなお子さんや若い方ばかりではありません。歯並びが悪いことで審美面を損ねるだけでなく、歯の健康のために歯列矯正や部分矯正をお考えの方が増えており、中には40代や50代、それ以降の年齢層の方もいらっしゃいます。では実際、歯列矯正は何歳まで可能なのでしょうか。

成人~中高年層で起こりやすいお口のトラブル

小さなお子さんや若い年代の方に起こりやすいトラブルの多くはむし歯ですが、成人以降、特に40代以降になると、むし歯よりも歯周病が心配になります。歯周病は歯ぐきや歯槽骨といった、歯を支える組織に炎症が起きてしまう病気です。自覚症状が出にくく、むし歯のように痛みをあまり伴わないため、症状がある程度進行しないとご自身ではなかなか気づきません。気が付けば歯がグラグラになり、自然に抜け落ちる、或いは保存不可と診断されて抜歯になってしまうことがあります。

歯周病は若いうちは歯肉炎と診断されることがほとんどです。しかし年齢を重ねるにつれて口腔内の状況は変化し、歯周病リスクが高くなります。

歯並びの悪さが歯周病リスクを高める?

むし歯も歯周病も、病原となる細菌は違えど、元になる原因は同じです。その原因は「プラーク」で、歯と歯の間などに残った食べかすに細菌が寄り付いて作り出す物質が、むし歯や歯周病を引き起こすのです。

プラークをできるだけ作らないためには、毎日の歯磨きがとても大切です。ところが歯並びが悪いと歯ブラシの毛先が届きにくく、汚れが残りがちになります。ガタガタの歯並びはフロスや歯間ブラシを通しても、どうしても汚れが残りがちになるため、プラークが溜まりやすくなります。

加えて加齢とともに歯ぐきが下がりやすくなるため、歯周病リスクも高まってしまうのです。このように、歯並びの悪さは歯周病リスクと大きく関連することがわかっています。

ガタガタの歯並びを治したいけど、年齢が心配

ではある程度年齢を重ねた人は歯列矯正はできないのでしょうか。結論を言うと、歯を支える歯槽骨に問題がなければ、歯列矯正や部分矯正に対する年齢制限はありません。歯列矯正は矯正装置をつけて歯に弱い力をかけて歯を動かすため、歯を支える歯槽組織に問題がないかどうかが重要なポイントになります。中には60代になってから歯列矯正を始める方もいらっしゃいます。逆に言うと、40代でも歯周病が進行して歯槽骨の吸収が著しいケースでは、歯列矯正は難しいと判断されるでしょう。

ただし成人の矯正治療は子どもや思春期のお子さんに比べて歯の動きがやや遅く、時間がかかってしまいます。また抜歯が必要になることも多いため、お子さんの歯列矯正とは進み具合が違うことを理解しておく必要があります。成人で行う部分矯正においては、ある程度の範囲で歯を抜かず行えば短期間で見た目の改善ができます。100点を目指すのではなく70点を目指すようにすれば成人でも抜歯せずに短期間での部分矯正を行うことができます。部分矯正であれば60代・70代でも可能なことがありますので、詳しくは部分矯正に熟知した歯科医院に相談に行くようにしてください。

いくつになっても健康な歯を維持したいものです。見た目だけでなく、歯並びの悪さによってお口の健康が心配な方は、いちど専門医に相談してみて下さい。

 

当院の大人のプチ矯正について詳しい内容はこちら

その口内炎、噛み合わせが原因かも・・・!

口内炎に悩まされる方はとても多く、あの痛みを感じるだけで気分が滅入ってしまうものです。口内炎になる原因は色々考えられますが、そのひとつに「シザースバイト」という噛み合わせの異常が挙げられます。では口内炎と噛み合わせには、どのような関係があるのでしょうか。

シザースバイトとは?

噛み合わせの異常には色々な種類があり、見た目だけでなく歯やお口の中の健康に様々な悪影響を与えてしまいます。よく知られている咬合異常は、出っ歯や受け口などですが、その他に「シザースバイト」という噛み合わせがあります。奥歯で噛んだ際、内頬を噛んでしまうことはありませんか?正しい噛み合わせでは、内頬を噛むことはありません。ところがしょっちゅう内頬を噛んで口内炎になってしまう場合、奥歯の噛み合わせの異常が考えられます。その原因として考えられるのが、「シザースバイト」という噛み合わせです。

シザースとは「鋏」という意味で、シザースバイトとは「鋏状咬合(はさみじょうこうごう)」と言い、一般的には「すれ違い咬合」とよく呼ばれます。シザースバイトは、奥歯で噛んだ時に上の歯が外側へ出ており、下の歯と噛み合っていない状態を言います。よく見られるのが上の第二大臼歯と呼ばれる、いちばん奥の歯です。親知らずが生えている場合は、その手前の歯になります。

シザースバイトの場合、上の大臼歯が外側へ出ていることで内頬の粘膜を巻き込み、その結果噛んでしまって口内炎になってしまいます。口内炎になったことのある方はその辛さがおわかりになると思いますが、口内炎になるとしみる、痛い、噛みにくいなど日常の食生活にも影響が出てしまいます。

またシザースバイトは奥歯が噛み合っていないため前歯に負担がかかりやすいとも言われています。このように、噛み合わせに異常があると、審美的だけでなくお口全体の健康にも大きく関わってしまうのです。

シザースバイトの治療法

シザースバイトは不正咬合のため、矯正治療によって改善が可能です。ワイヤー矯正、マウスピース矯正が一般的ですが、程度が軽いケースでは部分矯正でも改善できる場合があります。部分矯正は前歯だけ、というイメージが強く、部分矯正で奥歯が治せるの?とお思いになるかもしれませんが、部分矯正では程度の軽い不正咬合でも対応できる場合があるため、いちど歯科医師に相談してみてもいいかもしれません。

何度も同じところを噛んでしまって口内炎に悩む方は、シザースバイトが考えられます。奥歯の歯並びや噛み合わせは前歯に比べるとあまり確認しないかもしれません。いちど鏡で奥歯がきちんと噛み合っているかどうかを確認してみて下さい。

 

当院の部分矯正について詳しい内容はこちら

受け口は部分矯正で改善する?

口元のお悩みのひとつに、「受け口」という声をよく聞きます。本来、上の前歯が下の前歯を数ミリ覆っていますが、受け口もしくは反対咬合と言われる噛み合わせはその逆で、下の前歯が上の前歯を覆ってしまいます。この噛み合わせの異常は、部分矯正で改善することができるのでしょうか。

見た目に大きなコンプレックスを抱えてしまう受け口

受け口は、出っ歯と同じくらい大きなお悩みのひとつです。必ずしも歯列が悪いわけではなく、正面からぱっと見ると何の問題もないように見えますが、横から見ると下顎が前へ出ており、特徴のある見た目になってしまいます。また重度になると、顎が三日月のように見えるため「しゃくれ」とも言われることがあります。この見た目に大きなコンプレックスを抱える方が多くいらっしゃいます。

受け口をそのままにするとどうなる?

受け口は見た目だけでなく、機能にも悪影響を与えてしまいます。では受け口をそのままにしておくと、どのような悪影響が起きるのでしょうか。

・顎の骨に負担がかかり、顎が痛くなったり将来的に顎関節症になる恐れがある

・咀嚼しにくい。そのため消化不良を起こすことがある

・発音が不明瞭になる。特に「サ行」が聞き取りにくい

このように、受け口を放置すると見た目だけでなく、お口の機能や日常生活にも困難が出てくる可能性があります。

受け口は部分矯正で改善できる?

受け口の原因は、遺伝などの骨格性のものと、日常の癖による歯性のものに分けられます。その多くは骨格性で、両親のどちらかが受け口だと、お子さんに遺伝する可能性はかなり高くなってしまいます。

いっぽう歯性が原因の場合、舌で下の歯を押すなどが考えられます。これは出っ歯でも同じですが、日常の何気ない舌癖が、歯並びや噛み合わせに大きく影響してしまうことがあるのです。

そして治療法ですが、ごく軽度の症例の場合、部分矯正で改善できることがあります。例えば歯の先端だけがわずかに上の歯を覆っている、噛み合わせている歯の一部(1~2本)が反対咬合になっているケースなどは、部分矯正で改善できることがあります。

しかし、下の歯6本が上の歯6本を完全に覆っている、既に顎がかなり前方へ突出しているなど重度のケースの場合、部分矯正ではなく全体矯正が必要になります。また骨格によっては、全体矯正だけでは難しく、将来的に外科治療も視野に入れなければならない場合もあります。

受け口はそのままにしておくと、どんどん悪化の一途を辿ってしまいます。受け口でお悩みの方は、早期に歯科医院で相談されることをお勧めします。

 

当院の受け口の症例と治療法はこちら

矯正治療終了後のリテーナーの重要性

矯正治療が終了し、キレイな歯並びを手に入れたときの安堵感は、言葉に表せないでしょう。それと同時に、長きにわたって装着していた矯正装置を外したら、開放感でいっぱいになると思います。しかし、矯正治療終了後は「リテーナー」という保定装置を装着する必要があります。せっかく矯正治療が終わって歯並びがきれいになったのに、なぜ装置が必要なの?と少々がっかりする方もいらっしゃることでしょう。しかし、矯正治療後のリテーナーは大変重要な役割を持っているのをご存じでしょうか。

歯は動かした後に元に戻ろうとする習性がある

矯正治療は、矯正装置を付けることで歯に力を加え、歯を根元から動かしていきます。矯正治療はこの歯が動く仕組みを利用して少しずつ歯を動かしながら歯並びを整えていきます。固定式のワイヤー矯正は、自分で装置を取り外すことができないためそれほど問題はありませんが、取り外し式のマウスピース矯正やその他の取り外し式装置の場合、ご自身の意思によって取り外すことができます。極端に言ってしまえば、矯正治療がイヤになって、そのままずっと装置を外したままの状態にもできるのです。こうなると、動かした歯は元の位置に戻ろうとしてしまいます。このように、歯は動かした後に元に戻ろうとするため、せっかく動かした歯が元に戻ってしまいます。これを「後戻り」と言います。

矯正治療終了後の後戻りを防ぐための「リテーナー」

上で述べたのは、矯正治療を途中で放棄してしまった例ですが、矯正治療をきちんと終えたあとに何も装着しない状態が続くと「後戻り」が起きてしまいます。せっかく長い期間をかけて歯並びを整えたのに、元に戻ってしまっては元も子もありません。つまり費用と時間が台無しになってしまうのです。このように、整えた歯並びが後戻りしないようにするための装置が「リテーナー(保定装置)」であり、矯正治療後に欠かすことができないものなのです。これは部分矯正においても同じです。

装置はいくつか種類があり、最もよく使われているのが、表側がワイヤー、裏側が樹脂でできているタイプです。その他マウスピースタイプ、歯の裏側に細いワイヤーを固定するものなどがあり、どのタイプにするかは歯科医師と相談になります。

保定期間は約2~3年です。はじめのうちは食事や歯磨きのときだけ外し、少しずつ外す時間を減らしていきます。しかし中には、矯正治療後の後戻りが怖いからという理由で、保定期間終了後もずっとリテーナーを付けている方もいらっしゃるようです。

ご紹介したように、リテーナーは矯正治療後に欠かすことができないとても大切なものです。キレイな歯並びをずっと保持するためにも、リテーナーはきちんと付けるようにしましょう。

 

当院の部分矯正について詳しい内容はこちら

当サイトについて

「にしお歯科」監修 大阪部分矯正・プチ矯正ナビでは、はじめての部分矯正を検討されているみなさまに、部分矯正治療の流れやプチ矯正のメリット、デメリットをご紹介しています。
治療例やよくある悩み、疑問点にお答えするQ&Aのほかに、お問い合わせフォームもご用意しています。
まずはお電話やメールでお気軽にお問い合わせください。

更新情報

部分矯正の治療の流れについて

よくある質問

監修:にしお歯科

〒560-0083 大阪府豊中市新千里西町 1-2-11
千里中央アインス101
・西町3丁目バス停前
・駐車場3台完備

アクセス/医院紹介はこちら

PAGE TOP