トップページ > 矯正歯科コラム

前歯に多く見られる歯並びのトラブルとは?

前歯は最も目立つ部位であり、歯並びや噛み合わせが悪いと見た目にとても目立ってしまいます。そのため口もとにコンプレックスを感じ、笑顔がぎこちなくなるなど自然な笑顔になれない方も多いのではないでしょうか。今回は、前歯に多く見られる歯並びのトラブルについてお話をいたします。

・叢生(ガタガタの歯並び)

歯列が乱れたデコボコの歯並びを「叢生」と言い、一般的には「乱杭歯」とも呼ばれています。顎の骨が小さく、永久歯が大きい場合、永久歯が並ぶスペース不足で歯並びが乱れてしまいます。八重歯も叢生の一環です。ガタガタの歯並びは見た目のコンプレックスだけでなく、プラークや歯石が溜まりやすいことからむし歯や歯周病のリスクが高まります。

・出っ歯

歯並びや不正咬合の中でも、出っ歯に対してコンプレックスを抱く方が非常に多いと思います。出っ歯は「上顎前突」と言い、上顎全体が前方へ突出している骨格性のものと、長期間の指しゃぶりや舌で前歯を押して歯並びが乱れる歯性のものがあります。

・すきっ歯

真ん中の前歯の間にすき間があったり、歯全体にすき間がある歯並びも、見た目のコンプレックスを感じやすくなります。特に前歯のすき間や、ハの字に開いていた場合、口元へのコンプレックスが強くなります。

・受け口・・・下顎前突と言われる受け口は、下の前歯が上の前歯より前方へ出ていることから、下顎全体が前へ出ている不正咬合です。そのままにしておくと、見た目だけでなく様々な問題が生じてしまいます。

 

前歯は最も審美性が問われる部位

奥歯はそれほど気にならなくても、前歯は人目がとても気になる部位です。今はマスクをして日中を過ごす時間が多いですが、マスクを取ったときに笑顔に自信を無くし、このままずっとマスク生活・・・と考えてしまうかもしれません。それほど前歯は審美性が重要視され、前歯にコンプレックスがある方も多いことでしょう。

奥歯の噛み合わせに問題がないかどうか

歯並びで大切なことは見た目だけでなく、噛み合わせが正常かどうかです。前歯の乱れだけ治せばいいや、と思うかもしれませんが、噛み合わせは非常に重要です。奥歯がきちんと噛み合っていないと咀嚼は顎の関節に影響が出てしまいます。また全身のバランスも崩れ、肩凝りや頭痛などの不定愁訴のもとになります。

噛み合わせに大きな問題がない場合、前歯のお悩みは部分矯正で解消できるケースも多くあります。全体矯正に比べて治療期間が短く済むことは、部分矯正の大きなメリットです。

しかし噛み合わせに問題がある場合、部分矯正ではなく全体矯正が必要になると考えられます。前歯のお悩みが部分矯正で解消されるか全体矯正が必要かどうかは、専門医の判断によります。前歯の歯並びでお悩みの方は、いちど専門医に相談してみましょう。

 

当院の部分矯正についてはこちら

 

矯正治療中の食事で気を付けておきたいこととは?

固定式の矯正装置の場合、普段の食事がし辛いと感じることがあると思います。またそれ以外でも、食事の最中にブラケットが取れてしまったなど、トラブルが起きやすい時期でもあります。では矯正治療中の食事はどのようなことに気を付ければよいでしょうか。

矯正治療中は装置によって食事がし辛い

取り外し式のマウスピース矯正の場合は食事がし辛いと感じることはほとんどありません。また歯に装置が固定されていないため、食材が装置に引っかかるといったこともありません。

しかし全体矯正や部分矯正をワイヤー矯正で行う場合、どうしても食事に支障が出やすくなります。また前歯で固いものを噛みちぎるような食材の場合、ブラケットが外れてしまうなどのトラブルが起きてしまうこともあります。

どんな食材がNG?

普段何気なく食べていた食材ですが、いざ矯正治療が始まると、食べにくい、トラブルが起こる可能性があるといった理由で、控えたほうが良いものは少なくありません。主なNG食材を以下に挙げてみました。

・固いおせんべい

・フランスパンやバケットサンド

・とうもろこし

・リンゴの丸かじり

・おもち

・キャラメル、ガム、ハイチュウなど粘着性の強いもの

・繊維質の多い食材

代表的な食材を挙げてみましたが、そのほとんどは前歯で噛みちぎるものであるのがおわかりいただけると思います。またもやしのひげ根やお肉の繊維など、歯と歯の間に挟まりやすく、矯正治療中の食事のし辛さを感じると思います。

 

NG食材でも工夫をすれば食べられます

では上に挙げたような食材は、矯正治療中は絶対に食べてはいけないかと言うと、実はそうではありません。例えばりんごなどは小さめ、あるいは薄めに切って奥歯で噛むようにすれば十分食べることができます。とうもろこしも、あえて丸かじりではなく、粒の状態にして召し上がっていただくなど、工夫をすることで矯正中も好きな食材を使った料理を楽しむことができます。

ただしキャラメルやハイチュウなど粘着性の強いものは、矯正期間中は避けたほうがよいでしょう。

マウスピース矯正は虫歯リスクに注意

ここでマウスピース矯正の注意点にも触れておきます。食材に関係なく食事を楽しめるマウスピース矯正ですが、虫歯リスクが意外にも高いため、注意が必要です。というのも、マウスピースを装着することで唾液の循環がシャットアウトされ、磨き残しによる汚れや糖分が長時間閉じ込められてしまうからです。もしお口の中に虫歯菌が存在していた場合、閉じ込められたマウスピースの中で虫歯菌が活動し、虫歯になってしまうことがあります。食事に問題がない分、虫歯にならないよう歯磨きはしっかりと行いましょう。

ワイヤー矯正による矯正治療中は食事に苦労することがありますが、工夫しながら食事を楽しむようにすると良いでしょう。もし食事中にブラケットが外れたなどのトラブルが起きた場合、早急に受診するようにして下さい。

 

当院の部分矯正について詳しい内容はこちら

何歳まで歯列矯正は可能でしょうか?

歯並びや噛み合わせを改善したいと思うのは、小さなお子さんや若い方ばかりではありません。歯並びが悪いことで審美面を損ねるだけでなく、歯の健康のために歯列矯正や部分矯正をお考えの方が増えており、中には40代や50代、それ以降の年齢層の方もいらっしゃいます。では実際、歯列矯正は何歳まで可能なのでしょうか。

成人~中高年層で起こりやすいお口のトラブル

小さなお子さんや若い年代の方に起こりやすいトラブルの多くはむし歯ですが、成人以降、特に40代以降になると、むし歯よりも歯周病が心配になります。歯周病は歯ぐきや歯槽骨といった、歯を支える組織に炎症が起きてしまう病気です。自覚症状が出にくく、むし歯のように痛みをあまり伴わないため、症状がある程度進行しないとご自身ではなかなか気づきません。気が付けば歯がグラグラになり、自然に抜け落ちる、或いは保存不可と診断されて抜歯になってしまうことがあります。

歯周病は若いうちは歯肉炎と診断されることがほとんどです。しかし年齢を重ねるにつれて口腔内の状況は変化し、歯周病リスクが高くなります。

歯並びの悪さが歯周病リスクを高める?

むし歯も歯周病も、病原となる細菌は違えど、元になる原因は同じです。その原因は「プラーク」で、歯と歯の間などに残った食べかすに細菌が寄り付いて作り出す物質が、むし歯や歯周病を引き起こすのです。

プラークをできるだけ作らないためには、毎日の歯磨きがとても大切です。ところが歯並びが悪いと歯ブラシの毛先が届きにくく、汚れが残りがちになります。ガタガタの歯並びはフロスや歯間ブラシを通しても、どうしても汚れが残りがちになるため、プラークが溜まりやすくなります。

加えて加齢とともに歯ぐきが下がりやすくなるため、歯周病リスクも高まってしまうのです。このように、歯並びの悪さは歯周病リスクと大きく関連することがわかっています。

ガタガタの歯並びを治したいけど、年齢が心配

ではある程度年齢を重ねた人は歯列矯正はできないのでしょうか。結論を言うと、歯を支える歯槽骨に問題がなければ、歯列矯正や部分矯正に対する年齢制限はありません。歯列矯正は矯正装置をつけて歯に弱い力をかけて歯を動かすため、歯を支える歯槽組織に問題がないかどうかが重要なポイントになります。中には60代になってから歯列矯正を始める方もいらっしゃいます。逆に言うと、40代でも歯周病が進行して歯槽骨の吸収が著しいケースでは、歯列矯正は難しいと判断されるでしょう。

ただし成人の矯正治療は子どもや思春期のお子さんに比べて歯の動きがやや遅く、時間がかかってしまいます。また抜歯が必要になることも多いため、お子さんの歯列矯正とは進み具合が違うことを理解しておく必要があります。成人で行う部分矯正においては、ある程度の範囲で歯を抜かず行えば短期間で見た目の改善ができます。100点を目指すのではなく70点を目指すようにすれば成人でも抜歯せずに短期間での部分矯正を行うことができます。部分矯正であれば60代・70代でも可能なことがありますので、詳しくは部分矯正に熟知した歯科医院に相談に行くようにしてください。

いくつになっても健康な歯を維持したいものです。見た目だけでなく、歯並びの悪さによってお口の健康が心配な方は、いちど専門医に相談してみて下さい。

 

当院の大人のプチ矯正について詳しい内容はこちら

その口内炎、噛み合わせが原因かも・・・!

口内炎に悩まされる方はとても多く、あの痛みを感じるだけで気分が滅入ってしまうものです。口内炎になる原因は色々考えられますが、そのひとつに「シザースバイト」という噛み合わせの異常が挙げられます。では口内炎と噛み合わせには、どのような関係があるのでしょうか。

シザースバイトとは?

噛み合わせの異常には色々な種類があり、見た目だけでなく歯やお口の中の健康に様々な悪影響を与えてしまいます。よく知られている咬合異常は、出っ歯や受け口などですが、その他に「シザースバイト」という噛み合わせがあります。奥歯で噛んだ際、内頬を噛んでしまうことはありませんか?正しい噛み合わせでは、内頬を噛むことはありません。ところがしょっちゅう内頬を噛んで口内炎になってしまう場合、奥歯の噛み合わせの異常が考えられます。その原因として考えられるのが、「シザースバイト」という噛み合わせです。

シザースとは「鋏」という意味で、シザースバイトとは「鋏状咬合(はさみじょうこうごう)」と言い、一般的には「すれ違い咬合」とよく呼ばれます。シザースバイトは、奥歯で噛んだ時に上の歯が外側へ出ており、下の歯と噛み合っていない状態を言います。よく見られるのが上の第二大臼歯と呼ばれる、いちばん奥の歯です。親知らずが生えている場合は、その手前の歯になります。

シザースバイトの場合、上の大臼歯が外側へ出ていることで内頬の粘膜を巻き込み、その結果噛んでしまって口内炎になってしまいます。口内炎になったことのある方はその辛さがおわかりになると思いますが、口内炎になるとしみる、痛い、噛みにくいなど日常の食生活にも影響が出てしまいます。

またシザースバイトは奥歯が噛み合っていないため前歯に負担がかかりやすいとも言われています。このように、噛み合わせに異常があると、審美的だけでなくお口全体の健康にも大きく関わってしまうのです。

シザースバイトの治療法

シザースバイトは不正咬合のため、矯正治療によって改善が可能です。ワイヤー矯正、マウスピース矯正が一般的ですが、程度が軽いケースでは部分矯正でも改善できる場合があります。部分矯正は前歯だけ、というイメージが強く、部分矯正で奥歯が治せるの?とお思いになるかもしれませんが、部分矯正では程度の軽い不正咬合でも対応できる場合があるため、いちど歯科医師に相談してみてもいいかもしれません。

何度も同じところを噛んでしまって口内炎に悩む方は、シザースバイトが考えられます。奥歯の歯並びや噛み合わせは前歯に比べるとあまり確認しないかもしれません。いちど鏡で奥歯がきちんと噛み合っているかどうかを確認してみて下さい。

 

当院の部分矯正について詳しい内容はこちら

受け口は部分矯正で改善する?

口元のお悩みのひとつに、「受け口」という声をよく聞きます。本来、上の前歯が下の前歯を数ミリ覆っていますが、受け口もしくは反対咬合と言われる噛み合わせはその逆で、下の前歯が上の前歯を覆ってしまいます。この噛み合わせの異常は、部分矯正で改善することができるのでしょうか。

見た目に大きなコンプレックスを抱えてしまう受け口

受け口は、出っ歯と同じくらい大きなお悩みのひとつです。必ずしも歯列が悪いわけではなく、正面からぱっと見ると何の問題もないように見えますが、横から見ると下顎が前へ出ており、特徴のある見た目になってしまいます。また重度になると、顎が三日月のように見えるため「しゃくれ」とも言われることがあります。この見た目に大きなコンプレックスを抱える方が多くいらっしゃいます。

受け口をそのままにするとどうなる?

受け口は見た目だけでなく、機能にも悪影響を与えてしまいます。では受け口をそのままにしておくと、どのような悪影響が起きるのでしょうか。

・顎の骨に負担がかかり、顎が痛くなったり将来的に顎関節症になる恐れがある

・咀嚼しにくい。そのため消化不良を起こすことがある

・発音が不明瞭になる。特に「サ行」が聞き取りにくい

このように、受け口を放置すると見た目だけでなく、お口の機能や日常生活にも困難が出てくる可能性があります。

受け口は部分矯正で改善できる?

受け口の原因は、遺伝などの骨格性のものと、日常の癖による歯性のものに分けられます。その多くは骨格性で、両親のどちらかが受け口だと、お子さんに遺伝する可能性はかなり高くなってしまいます。

いっぽう歯性が原因の場合、舌で下の歯を押すなどが考えられます。これは出っ歯でも同じですが、日常の何気ない舌癖が、歯並びや噛み合わせに大きく影響してしまうことがあるのです。

そして治療法ですが、ごく軽度の症例の場合、部分矯正で改善できることがあります。例えば歯の先端だけがわずかに上の歯を覆っている、噛み合わせている歯の一部(1~2本)が反対咬合になっているケースなどは、部分矯正で改善できることがあります。

しかし、下の歯6本が上の歯6本を完全に覆っている、既に顎がかなり前方へ突出しているなど重度のケースの場合、部分矯正ではなく全体矯正が必要になります。また骨格によっては、全体矯正だけでは難しく、将来的に外科治療も視野に入れなければならない場合もあります。

受け口はそのままにしておくと、どんどん悪化の一途を辿ってしまいます。受け口でお悩みの方は、早期に歯科医院で相談されることをお勧めします。

 

当院の受け口の症例と治療法はこちら

矯正治療終了後のリテーナーの重要性

矯正治療が終了し、キレイな歯並びを手に入れたときの安堵感は、言葉に表せないでしょう。それと同時に、長きにわたって装着していた矯正装置を外したら、開放感でいっぱいになると思います。しかし、矯正治療終了後は「リテーナー」という保定装置を装着する必要があります。せっかく矯正治療が終わって歯並びがきれいになったのに、なぜ装置が必要なの?と少々がっかりする方もいらっしゃることでしょう。しかし、矯正治療後のリテーナーは大変重要な役割を持っているのをご存じでしょうか。

歯は動かした後に元に戻ろうとする習性がある

矯正治療は、矯正装置を付けることで歯に力を加え、歯を根元から動かしていきます。矯正治療はこの歯が動く仕組みを利用して少しずつ歯を動かしながら歯並びを整えていきます。固定式のワイヤー矯正は、自分で装置を取り外すことができないためそれほど問題はありませんが、取り外し式のマウスピース矯正やその他の取り外し式装置の場合、ご自身の意思によって取り外すことができます。極端に言ってしまえば、矯正治療がイヤになって、そのままずっと装置を外したままの状態にもできるのです。こうなると、動かした歯は元の位置に戻ろうとしてしまいます。このように、歯は動かした後に元に戻ろうとするため、せっかく動かした歯が元に戻ってしまいます。これを「後戻り」と言います。

矯正治療終了後の後戻りを防ぐための「リテーナー」

上で述べたのは、矯正治療を途中で放棄してしまった例ですが、矯正治療をきちんと終えたあとに何も装着しない状態が続くと「後戻り」が起きてしまいます。せっかく長い期間をかけて歯並びを整えたのに、元に戻ってしまっては元も子もありません。つまり費用と時間が台無しになってしまうのです。このように、整えた歯並びが後戻りしないようにするための装置が「リテーナー(保定装置)」であり、矯正治療後に欠かすことができないものなのです。これは部分矯正においても同じです。

装置はいくつか種類があり、最もよく使われているのが、表側がワイヤー、裏側が樹脂でできているタイプです。その他マウスピースタイプ、歯の裏側に細いワイヤーを固定するものなどがあり、どのタイプにするかは歯科医師と相談になります。

保定期間は約2~3年です。はじめのうちは食事や歯磨きのときだけ外し、少しずつ外す時間を減らしていきます。しかし中には、矯正治療後の後戻りが怖いからという理由で、保定期間終了後もずっとリテーナーを付けている方もいらっしゃるようです。

ご紹介したように、リテーナーは矯正治療後に欠かすことができないとても大切なものです。キレイな歯並びをずっと保持するためにも、リテーナーはきちんと付けるようにしましょう。

 

当院の部分矯正について詳しい内容はこちら

歯並びの美しさは体の健康維持に深く関わります

ガタガタの歯並びが気になってはいるものの、歯列矯正はお金が高いから、と敬遠する方もいらっしゃることでしょう。特に大人の場合、今更歯列矯正をしても遅いし、そんなことにお金を使うなら旅行や買い物など、趣味に使いたい!という考えをお持ちになっても仕方ありません。しかし、歯並びが悪いまま過ごすことは、お口の健康維持だけでなく体の健康にも影響が出てしまうのです。

歯列矯正は子どものための治療だと思っていませんか

歯列矯正を行うのは確かにお子さんが多いです。小さいうちに歯並びを整えるトレーニングを行ったり、矯正装置を付けて歯並びを整えることで、成人までにきれいな歯並びを手に入れることが可能となり、毎日の生活をエンジョイできることでしょう。しかし歯列矯正は子どもだけが行うものではありません。成人になってからでも歯列矯正を希望する方がとても多く、中には60代でも歯列矯正を行っている方もいらっしゃいます。歯列矯正をすることで乱れた歯並びを改善し、見た目を美しく整えることで歯の健康維持がしやすく、いつまでもご自身の歯で食事を楽しむことができることは、何よりの幸せでしょう。このように、歯列矯正は必ずしも子どもだけが対象とは限らないのです。

歯並びの悪さがもたらすリスクとは?

ガタガタの歯並びを専門用語で「叢生(そうせい)」と言います。歯並びが悪いと歯ブラシの毛先が届きにくく、おごれが残ったままになってしまいます。そこに細菌が棲みついてプラークを作り出し、むし歯菌や歯周病菌の棲み処となります。そのためむし歯や歯周病リスクが高まり、治療を余儀なくされてしまいます。またむし歯は再発しやすく、歯周病は完治しにくいため最終的に歯を失ってしまう可能性があります。歯を失ってしまうと、入れ歯やインプラントなどで歯を補う治療が必要となってしまいます。ご自身が入れ歯になることを想像できますか?特に入れ歯は審美面に抵抗を感じる方が多いため、抜けたまま放置する方も少なくありません。しかし抜けたまま放置するとしっかり噛めない、咀嚼力が落ちる、見た目が老けて見えるなど良いことは一つもありません。これも、歯並びの悪さからくるブラッシング不足が大きく影響してしまうのです。

お口の健康と体の健康維持のためにも、歯並びが悪い方は歯列矯正を検討してみては?

歯並びの悪さは見た目だけでなく、お口の健康にも大きく影響します。また体の健康にも深く関わっています。むし歯や歯周病を予防することで健康なお口を維持できることは、よく噛んで食事できること、咀嚼機能が低下しないことなどに繋がり、体の健康維持に欠かせないのです。

歯列矯正に年齢制限はありません。全体矯正か部分矯正で対処できるかどうかを総合的に判断し、ご自身に合った治療法を提示してくれます。大人の方で歯並びの悪さにお悩みの方は、まずかかりつけ医に相談しましょう。

 

当院の部分矯正について詳しい内容はこちら

気になる出っ歯、部分矯正で改善できる?

不正咬合の中でも非常に多く見られる出っ歯は、見た目に大きな問題があるためコンプレックスに感じる方はとても多いと思います。出っ歯を治すことで、見た目の印象は大きく変わります。では出っ歯を治すのに、部分矯正で対応できるのでしょうか。

骨格性と歯性に原因が分かれます

出っ歯というと、前歯だけが大きく前方に飛び出しているイメージがあるかもしれません。しかし同じ出っ歯でも、歯だけが出ているケースと、上顎全体が突出しているケースがあります。前者の場合は歯に問題がある歯性、後者は骨格に問題が起因する骨格性と、根本的な原因が違います。

出っ歯は部分矯正で治せるのか?

部分矯正はその名のとおり、気になる部分だけを改善する矯正治療です。全体矯正と比べて治療期間も短く、費用も抑えることができることから最近注目を集めています。では出っ歯は部分矯正で改善できるのでしょうか。

出っ歯の原因が骨格の問題でない場合、つまり後天的なケースによるものであれば、部分矯正で改善が可能です。後天的な要因とは、長期間の指しゃぶりや爪を噛む、舌で前歯を押すなど、悪癖により歯が前方へ押し出されているものです。このケースでは、全てではありませんが部分矯正を行うことで治すことができるでしょう。

また奥歯の噛み合わせに問題がない場合でも、部分矯正で治すことができます。

しかし、骨格が原因の場合、部分矯正での改善は難しいと考えられます。上下の顎のバランスが大きく違う場合、部分矯正ではなく、通常のワイヤー矯正やマウスピース矯正による治療が適しています。程度によっては、抜歯処置が必要になることも考えられます。

奥歯の噛み合わせが原因で出っ歯になっているケースでも、部分矯正ではなく全体矯正で奥歯の噛み合わせを整えながら、前歯を治すことになります。

この部分だけが気になる・・・というお悩みは部分矯正で改善可能

前歯は目立つ部位のため、出っ歯になっているととても気になりますよね。出っ歯を改善するには一般的にはワイヤーを使った全体矯正が標準治療となりますが、症例によって部分矯正で出っ歯を治すことができるケースもあります。

また一本だけ気になる、この部分だけを治したい、というお悩みにも部分矯正は適しています。全体矯正と比べると、治療期間も短く、費用も全体矯正と比べると抑えることができるため、ご自身のお悩みが部分矯正で治せるかどうか、一度矯正担当医に相談してみましょう。お悩みの原因に応じ、最も適した治療法を選択することで、コンプレックスを改善することができます。また、口が閉じやすくなるので鼻呼吸がしやすくなります。

 

当院の部分矯正についてはこちら

矯正治療中の喫煙について

喫煙習慣は、体の健康はもちろん、お口の中にも多くの悪影響を及ぼし、それは矯正治療においても表れてしまいます。では矯正治療中にタバコを吸うことで、どのような悪影響があるのでしょうか。

喫煙習慣が与えるお口への悪影響

タバコの中には危険な成分がたくさん入っています。一酸化炭素、タール、ニコチン等・・・。特にタバコの煙には発がん性物質をはじめとした有害物質が多く含まれており、タバコを吸う本人だけでなく、吸わない周りの人たちへの受動喫煙が懸念されています。肺ガンをはじめとするリスクの増加は良く知られていますが、タバコによるお口への悪影響は次のとおりです。

・ヤニによる着色

・唾液分泌の減少による、むし歯や歯周病のリスクが高い

・傷口の治りが遅い

・お口の中のガンのリスクが高い

愛煙家にとって耳の痛い話ですが、タバコを吸うことはお口の中に色々なリスクを与えてしまいます。

矯正治療中のタバコによる影響とは

では矯正治療中にタバコを吸うことで、具体的にどのようなことが心配されるのでしょうか。

・ヤニによる審美性の低下

・むし歯や歯周病リスクがより高くなる

・歯が動きにくい

・装置による傷の治りが遅い

まずは審美面です。全体矯正や部分矯正は、ブラケットを付けて歯を動かすワイヤー矯正が一般的です。マウスピース矯正と違い、ワイヤー矯正は固定式の装置です。タバコを吸うとどうしてもヤニが歯の表面に付着してしまいます。しかしブラケットを付けている部分は変色しにくいため、装置を外した際にヤニで茶色くなった部分と、装置を付けていた部分の差がくっきりと出てしまう可能性があり、非常に見苦しい状態となってしまいます。またヤニにおる着色は通常の歯磨きでは落ちにくく、歯科医院でのクリーニングが必要です。装置がついたままクリーニングを行うため、時間もかかってしまうことが考えられます。

次に問題となるのが、虫歯や歯周病リスクが高まるということです。特にワイヤー矯正の場合、歯磨きがし辛いので、むし歯などのトラブルが起こりやすくなってしまいます。喫煙習慣は唾液分泌を低下させてしまうため、お口の中の細菌が流れにくくなり雑菌が増殖し、トラブルが起こりやすくなるのです。

矯正装置による口腔内の傷も、タバコを吸っていると治りが遅くなります。矯正装置が粘膜に当たって口内炎になることがありますが、タバコは血行を悪くするため粘膜の修復にも時間がかかってしまいます。

また歯の動きのスピードにも影響が出てしまいます。タバコを吸っていると歯の動きが遅くなるという報告がされています。そのため治療期間が長くなることがあります。

健康なお口を維持するなら、きっぱりと禁煙しましょう

ご紹介したとおり、喫煙習慣は矯正治療にも様々な悪影響を与えます。矯正治療できれいな歯並びを手に入れても、喫煙習慣によって歯周病が進行するなど、お口の健康が害される可能性が高まります。これを機会に、きっぱりと禁煙することを強くお勧めします。

 

当院の部分矯正についてはこちら

 

 

歯列矯正は絶対に歯を抜かなければいけない?

重なったガタガタの歯並びを改善するための歯列矯正ですが、「矯正治療=抜歯」というイメージを強くお持ちの方も少なからずいらっしゃることと思います。矯正治療で大切なことは、歯がきちんと並ぶスペースが確保できるかどうかということです。そのためには抜歯が必要と判断されるケースも多くありますが、歯列矯正では絶対に歯を抜かなければいけないのでしょうか。

抜歯はどの歯?

歯並びを整えるためのスペースが足らない場合、抜歯をして歯が並ぶスペースを作らなければいけません。では歯列矯正ではいったいどの歯が抜歯の対象となるのでしょうか。それは、小臼歯と親知らずです。親知らずは生えていない人も多くいるため、一般的には小臼歯を抜歯して歯が並ぶスペースを作ることになります。親知らずが生えている場合は、親知らずを抜歯することもあります。

抜歯が必要と言われたら、歯並びのためには仕方ないと言う反面、せっかくの健康な歯を抜かなければいけないことに、勿体なさを感じる方もきっといらっしゃることでしょう。できれば抜かずに矯正を・・・と思われるのも無理はありません。しかしきちんと並ぶスペースが確保されないまま無理やり矯正治療を続けると、歯がきれいに並ばなくなる恐れがあります。また歯列を後方や横へ無理に広げようとすると、歯槽骨から歯がはみ出してしまうなど、仕上がりに問題が出てしまうことがあります。

非抜歯にこだわると、審美面や歯の健康に影響が出ることも

確かに健康な歯を抜くことは、相当な抵抗を感じることと思います。しかし非抜歯にこだわってしまうと、歯が並んだときに不自然な仕上がりであったり、噛み合わせにも異常が出てしまうことがあります。特に歯全体が前方へ押し出されてしまうと、横から見て口元全体が突出したように見えてしまいます。

部分矯正では歯を抜くことはほとんどありませんが、全体矯正を行う方の場合、歯を大きく動かさなければいけません。良い結果を得るためには、非抜歯よりも抜歯のほうが適していることがあります。また仕上がりにも大きく影響してしまいます。納得のいく仕上がりのためにも、普段から口元をチェックしてみて下さい。

部分矯正は非抜歯で行えることがほとんど

気になる前歯だけを治したい部分矯正などは、ほとんどの場合抜歯をせずに歯並びだけを整えることが期待できます。しかし中には部分矯正でも抜歯が必要なケースがあるため、カウンセリングのときにしっかりと確認しておきましょう。

 

当院の部分矯正についてはこちら

 

当サイトについて

当サイトでは、はじめての部分矯正を検討されているみなさまに、部分矯正治療の流れやプチ矯正のメリット、デメリットをご紹介しています。
治療例やよくある悩み、疑問点にお答えするQ&Aのほかに、お問い合わせフォームもご用意しています。
まずはお電話やメールでお気軽にお問い合わせください。

更新情報

矯正歯科コラム

部分矯正の治療の流れについて

よくある質問

監修:にしお歯科

〒560-0083 大阪府豊中市新千里西町 1-2-11
千里中央アインス101
・西町3丁目バス停前
・駐車場3台完備

アクセス/医院紹介はこちら

PAGE TOP